ジェネリックの認知度

ジェネリック医薬品の認識不足

 
 
実際にみなさんインターネットで購入出来るジェネリック医薬品をどんな感じで受け止めているのでしょうか?

みなさんが薬で購入出来る方法は、薬局だけではなくなって来ました。

インターネットで、更に個人輸入という方法でも薬は簡単に購入出来る時代となりました。

実際にこんな感じでみなさんの意識に段々とジェネリック医薬品の思いがよぎるようになった訳ですが、医師も最近は、ジェネリック医薬品を患者に許可得て使用する場合もあります。

段々と、ジェネリック医薬品の利用価値は医師の手によっても高められているのです。

ジェネリック医薬品の魅力はやっぱり新薬と同じ成分なのに、薬の効果は同じで低価格にある点です。

長期に渡り同じ薬を使用し続ける人たちにとってジェネリック医薬品は非常に有り難い存在です。

ここにジェネリック医薬品がなければ、途中で薬を飲むことを断念しなければならないかもしれないですよね。

お金の問題は薬と絶対的に無関係ではありません。
実際にもっともっとジェネリック医薬品の認識が高くなれば、国民の暮らしはもっと楽になるはずです。果たしてこれほどジェネリック医薬品が出回れば、新薬は実際に必要なの・・・?という勢いです。

新薬と同じ成分で製造されている薬がジェネリック医薬品なのです。

ひょっとしたらあなたの薬もチェックしたら既にジェネリック医薬品なのかもしれません。

もう知らず知らず価格の安いジェネリック医薬品を購入している可能性も。欧米の人たちは、日本人以上に、こんな感じでジェネリック医薬品に依存しているのです。

本当のこと言えば、まだまだ日本人のジェネリック医薬品の処方は、20%程度という話しです。


 

何かと話題になっている薬の通販に関して

 
 
最近、特に何かと話題になっている薬の通販に関してですが専ら医薬品やジェネリック医薬品を買うとなるとどうしても海外医薬品を購入するという形になるかと思います。

薬通信販売は、まだ日本国内での医薬品購入に関しては解禁されていないところも多いのでまだまだ難しい問題になって来てはいますが、海外の医薬品であればその限りではなく個人輸入という形での利用が許可されています。

しかし、そういう物を利用したことのない人にとって一抹の不安になるのはやはり海外の薬品を利用するのって副作用が強いのではないか、とか偽物を売りつけられるのでは?というようなものだと思います。

確かに、そういう場合もありますしインターネットを利用する以上悪質な物という物はどこにでもついて回りますが、これに関しては慎重にきちんと選べばそういう場所に引っかかることはありません。

特に、海外からの個人輸入代行サイトを利用する場合はクレジットカードでの決済が可能かどうかという部分を目安にすることでかなり安全性を高めることができます。

他にも、口コミをちゃんと載せているか否かもそうですが日本国内での利用する営業電話番号などをちゃんと載せているかというのも一つの目安になります。


サブコンテンツ

アーカイブ

カテゴリー

このページの先頭へ